Profile

david_hsu

中西惇也、博士(工学)
特任助教
先端知能システム共同研究講座
大阪大学大学院基礎工学研究科附属産学連携センター

Junya Nakanishi, Ph.D. in Engineering
Research Assistant Professor
Frontier Intelligent System Laboratory
Graduate School of Engineering Science, Osaka University

e-mail: nakanishi.junya [at] irl.sys.es.osaka-u.ac.jp

研究分野 (Research Field): HAI (Human-Agent Interaction)

2012- 抱擁型対話メディアの研究
(Huggable Communication Media)
存在感伝達メディア、仮想的な接触インタラクション、人間関係(印象・好意・信頼)、聞く力、、
(social presence, mediated physical interaction, interpersonal relationship, listening skill, …)
2015- 分身エージェントを使った対話の研究
(Avatar Agent for Human Communication)
自己主体感、会話経験、追体験、、
(sense of agency, conversational experience, vicarious experience, …)
2018- 対話エージェントによる広告・推薦の研究
(Advertisement through Social Agent)
おもてなし、有能さ、注意、、
(warmth, competence, attention, …)

>>Publication

職歴 (Work Experience)

2012.10-2018.03 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所(ATR) 連携実習生
(Student Intern, Advanced Telecommunications Research Institute (ATR))
2016.04-2018.03 日本学術振興会特別研究員(DC2)
(Research Fellow, Japan Society for the Promotion of Science)
2017.10-2018.03 大阪大学大学院基礎工学研究科先端知能システム共同研究講座 リサーチアシスタント
(Research Assistant, Frontier Intelligent System Laboratory, Osaka University & CyberAgent)
2018.04- 大阪大学大学院基礎工学研究科先端知能システム共同研究講座 特任助教
(Research Assistant Professor, Frontier Intelligent System Laboratory, Osaka University & CyberAgent)
株式会社 国際電気通信基礎技術研究所(ATR) 連携研究員
(Cooperative Researchers, Frontier Intelligent System Laboratory, Osaka University & CyberAgent)

(Project Experience as a Member)

2012-2015(2010.10-2015.03) JST 戦略的創造推進事業 CREST(Core Research for Evolutional Science and Technology)
人の存在を伝達する携帯型遠隔操作アンドロイドの研究開発
2014-2018(2014.07-2020.03) ERATO(Exploratory Research for Advanced Technology)
石黒共生ヒューマンロボットインタラクションプロジェクト(ISHIGURO Symbiotic Human-Robot Interaction Project)
2014-2018(2014.4-2019.03) 革新的研究開発推進プログラム ImPACT(Impulsing Paradigm Change through Disruptive Technologies)
脳情報の可視化と制御による活力溢れる生活の実現
2019-(2018.10-2024.03) JST 戦略的創造推進事業 CREST(Core Research for Evolutional Science and Technology)
ソーシャルタッチの計算論的解明とロボットへの応用

受賞歴 (Award)

2013 ポスター発表賞 銀賞 (大阪府立大学第5回夏の異分野融合祭), “人型メディアを用いた会話相手への愛情の生起”, First Author
2013 情報工学部門賞 銀賞 (Hack U at 京都工芸繊維大学), “裏顔マッチ”
2014 最優秀発表賞 (第2回全国博士課程教育リーディングプログラム学生会議), “JOIN US”
2014 発明考案賞 (㈱国際電気通信基礎技術研究所), “人の存在を伝達するミニマルメディア「ハグビー」の教育的応用に関する発明”
2017 2nd Place prize ポスター発表賞 (第11回 学生主催若手合宿 研究交流会), “A huggable communication medium induces listening to others”, First Author
2018 Best Paper Nominee (6th annual International Conference on Human-Agent Interaction), “Virtual Hug Induces Modulated Impression on Hearsay Information”, First Author
2019 最優秀ポスター発表賞 (HAIシンポジウム 2018), “ヒューマノイドロボットのための顔位置予測を用いた人の顔追従制御”
2019 Best Poster Award (7th annual International Conference on Human-Agent Interaction), “How to Enhance Social Robots’ Heartwarming Interaction in Service Encounters”, First Author

外部資金 (Research Funding)

2015.04-2016.03 独創的教育研究活動経費(大阪大学博士課程教育リーディングプロラム)「分身エージェント間の会話が対人関係に与える影響」
2016.04-2017.03 独創的教育研究活動経費(大阪大学博士課程教育リーディングプロラム)「分身エージェントを介した会話経験共有方式における自己主体感の役割」
2016.04-2018.03 特別研究員奨励費(文部科学省 日本学術振興会)「抱擁型コミュニケーションメディアを用いた情動支援による学習促進システムの実現」(190万)
2017.04-2018.03 独創的教育研究活動経費(大阪大学博士課程教育リーディングプロラム)「分身との共生社会に向けた対話の追体験システムの開発と応用」
2018.10-2020.03 研究活動スタート支援(文部科学省 日本学術振興会)「気遣いや心配りを通じた良い感情経験を提供する対話ロボットのインタラクションの研究」(230万)
2019.4-2020.03 研究助成A(公益財団法人 立石科学技術振興財団)「仮想的な対人接触を応用したカウンセリングを行う自律型対話ロボットシステムの実現」(240万)

教育・社会活動 (Educational or Social Activity)

2017 Group Activity Chair, Next Generation Human-Agent Interaction Workshop, 5th annual International Conference on Human-Agent Interaction (HAI2017)
2018- 幹事, 社会と環境のエージェント知能研究会, 情報処理学会関西支部 研究会
2018- プログラミングC言語Ⅲ、同志社大学
2019 Web Chair and Program Committee Members, 7th annual International Conference on Human-Agent Interaction (HAI2019)
Program Committee Members, 31th Australian Conference on Human-Computer-Interaction (OZCHI’2019)

日本ロボット学会 正会員
日本バーチャルリアリティ学会 正会員
査読経験:HRI(International Conference on Human Robot Interaction)、情報処理学会論文誌、HAI(International Conference on Human-Agent Interaction)、OZCHI(AUSTRALIAN CONFERENCE ON HUMAN-COMPUTER-INTERACTION)、SMC(International Conference on Systems, Man, and Cybernetics)、JRM(Journal of Robotics and Mechatronics)

学歴 (Academic background)

2008.03 大阪教育大学附属高等学校平野校舎 卒業
2013.03 大阪大学基礎工学部システム科学科 卒業
2015.03 大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻修士課程 修了
2017.04-07 CITEC,Bielefeld University(ドイツ) インターン(3ヶ月)
2018.03 大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻博士課程 修了
(Ph.D. at Osaka University)
未来戦略機構 ヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラム 修了
(Program for Leading Graduate Schools)